HOME ENGLISH 

入会案内機関誌学術集会委員会活動報告・発行物リンク
トップページ > 報告・発行物 > 専門看護師・認定看護師活動推進委員会
  専門看護師・認定看護師活動推進委員会報告

2021/9/9 掲載

専門看護師・認定看護師の挑戦

-現場からの発信-

公益社団法人日本看護協会が定めている資格制度に基づき、老人看護専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ高齢者、家族及び集団に対して卓越した看護を実践し、関係者からの相談を受け、必要なケアが円滑に行われるために調整を行い、高齢者や家族の権利を守るための倫理調整、ケアを向上させるため教育的役割を果たし、さらに実践の場における研究活動を通して老年看護の質向上に寄与しています。また、認知症看護認定看護師は、認知症者とその家族および集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて、水準の高い看護実践を行い、指導相談を通して看護現場における認知症ケアの広がりと質の向上を図るために日々活発に活動しています。
一般社団法人老年看護学会はこれらの資格の誕生に関わっており、現在は専門看護師・認定看護師活動推進委員会がこれらの活動を一層活発にするために研修などを企画・運営することにより支援しています。
その一環としてCNSCN活動推進委員会では、老人看護専門看護師、認知症看護認定看護師の活動について会員・非会員を問わず広く知っていただき、理解を深めたいと考えHPに公表していくこととしました。概ね2か月に1回、報告内容を更新していく予定です。専門看護師、認定看護師の活動について理解を深めていただくとともに、看護実践の課題解決のヒントとして役立てていただければ幸いです。

Vol.9 NEW

Vol.8

Vol.7

Vol.6

Vol.5

Vol.4

Vol.3

Vol.2

Vol.1

Vol.9-1
急性期の認知症看護認定看護師としての活動−取得当初と現在−
2012年認定 認知症看護認定看護師
須藤照美
 

私が所属する東邦大学医療センター大森病院は東京都区南部医療圏に属し、特定機能病院として高度先進医療を提供しています。三次救急医療機関・地域がん診療連携拠点病院・災害拠点病院などに指定されており、地域の基幹病院としての役割も担い地域医療に貢献しています。認知症看護認定看護師になった当初は、気持ちばかりが焦りプレッシャーに押しつぶされていました。目の前の小さな事を大切にしようと日々、患者さんを丁寧にアセスメントし病棟スタッフと共有していきました。小さな成功体験を積み重ねスタッフと共有する事で認知症看護の醍醐味を実感しました。プレッシャーは役割拡大における気負いだった事に気が付きました。
現在は病棟、おたっしゃケアチーム(認知症ケア加算Tのチーム)の専任看護師、高齢者看護外来の3つの役割を担っています。病棟は神経内科・脳外科病棟に所属し直接ケアを行っています。実践とアセスメントを掘り下げる貴重な機会です。病棟での実践がチーム活動に活かせると実感しています。
おたっしゃケアチーム(認知症ケア加算Tチーム)の活動は週に2回の院内活動で指導・相談を行っています。ネーミングは高齢者を「達者者」と捉えるチームの姿勢を表しています。組織横断的な活動で、部署毎の特徴を捉え病棟スタッフと協働して身体ケアと共に認知機能へのアプローチを行っています。チーム発足当時は安全を重視したケアが行われている事が多かったですが、地道な活動を行う中で認知機能への影響や認知機能の低下を予防する視点に変化してきている事を実感します。
高齢者看護外来は月に1度ですが、当院に通院する患者さんを対象に本人・家族の困り事を把握し、ケアの提案と地域との連携、神経内科の医師と協働し在宅療養を支援しています。
これからも「目の前の認知機能が低下した患者さんへよりよい看護を提供したい。」を忘れずに驕ることなく真摯に向き合っていきます。
須藤 照美
2004年に看護師免許取得。順天堂大学医学部付属順天堂江東高齢者医療センターに入職。2007年に東邦大学医療センター大森病院に転職し消化器内科病棟に配属。2012年に認知症看護認定看護師の認定を受ける。
Vol.9-2
高齢者の持てる力を活かす看護師との協働によるケアを目指して
2018年度認定 老人看護専門看護師
沖縄県立中部病院 東嵩西 寿枝
 

沖縄県立中部病院は中部医療圏に位置し、「すべての県民がいつでも、どこでも、安心して、満足できる医療を提供する」という理念を掲げている急性期病院です。
私は入退院支援室に所属し、高齢者の退院支援と認知症ケア・せん妄ケアに力を入れて活動しています。
一つ目の退院支援では、入院している高齢者の退院後の生活イメージをもってケアに当たることが必要ですが、入院時の高齢者の状態を『点』で捉えてしまうことが病棟での課題でした。そこで、退院支援カンファレンスでは、入院前の住まい状況やADL、本人の意向等を情報共有し、退院に向けた高齢者の支援目標を看護師間でイメージできるようにしています。このことにより、看護計画は、高齢者の生活史がこれからの入院生活につながる『線』で結ばれます。具体的には、「ひとり暮らしでトイレは自立していたから入院中も促していこう」、「自力で食事をしていたということだから、少しずつ自分で食べられるよう支援しよう」などの目標が設定され、結果として高齢者の持てる力を引き出した退院支援につながっています。
二つ目は、「身体拘束を第一選択としない」取り組みを促進するため、認知症ケアコアナース会を立ち上げ、身体拘束を選択した事例について検討を始めています。身体拘束を選択する理由は、“安全に過ごすための協力が得られない”など「看護師が困っていること」が挙げられます。そこで、“なぜ協力が得られないのか、高齢者は何をしたいと考えているのか”を問い、看護師主体の困りごとではなく、高齢者主体の困りごととして捉え直すように討議します。これは病棟看護師が本人の声を丁寧に聴き、観察し、本人の行動の意味を考えることにつながり、看護師が高齢者の困りごとに気づき、身体拘束が解除される成果を上げています。
これからも病棟看護師との協働を推進し、役割を補完し合いながら高齢者の持てる力を活かす実践に取り組みたいです。
東嵩西 寿枝
2005年、沖縄県立中部病院に入職。小児科、一般内科、婦人科病棟などで勤務後、2016年より入退院支援室で退院支援看護師として活動。2018年に老人看護専門看護師の認定を受ける。現在は、認知症ケア・せん妄ケアの質向上へ向けた教育的な役割も担っている。