HOME ENGLISH 

入会案内機関誌学術集会委員会活動報告・発行物リンク
トップページ > 学会案内 > 学会概要
学会の歩み
日本老年看護学会発足までの経緯
日本看護系大学協議会では、修士課程における専門看護師養成を検討しており、高齢者を対象とする老年看護学分野でもその必要性の議論が高まっていた。千葉大学看護学部の野口美和子教授を代表として、1994年〜1995年科学研究費補助金 総合研究A「老人看護領域におけるクリニカルスペシャリストの標準指導書の作成」が行われ、その研究グループによって日本老年看護学会設立に向けた努力がなされた。  

報告書はしがき(PDF形式.119KB)

日本老年看護学会発足
学会発足に向けて「日本老人看護学会設立趣意書」が作成され賛同者を募り、1995年11月23日千葉大学看護学部において設立総会が開催された。 理事会には、編集委員会と研究推進活動委員会が設けられた。

日本老年看護学会設立趣意書(PDF形式.98KB)

主な活動
1996年11月15日 学会誌第1巻1号発行
1996年11月23日〜24日 第1回学術集会開催 
1997年2月7日 事務局便り(現・学会ニュース)No.1発行 
1998年〜2000年 高齢者虐待に関する研究の取組
2003年〜2004年 認知症看護認定看護師制度発足への取り組み
2003年 学会誌年2回発行
2003年 事務センター設置(ワールドプランニング(株))
2005年 特別委員会(認知症高齢者看護認定看護師検討会、老年看護政策検討委員会)設置
2006年 研究論文表彰(研究論文優秀賞、研究論文奨励賞)設置
2007年〜2010年 老年看護政策に関連した調査研究事業
2010年 国際交流委員会の設置
2010年6月〜 日本老年学会に加入
2011年6月15日〜17日 日本老年学会総会として学術集会を初めて開催(7学会合同開催)
2012年    災害支援検討委員会および生涯学習支援委員会の設置
2015年 平成28年度診療報酬改正への取り組み
2016年4月1日      一般社団法人へ移行
 
歴代理事長
第1期 (1995.11.23〜1996年度)野口 美和子
第2期 (1997〜1998年度)野口 美和子
第3期 (1999〜2000年度)野口 美和子
第4期 (2001〜2003年度)中島 紀惠子
第5期 (2004〜2006年度)中島 紀惠子
第6期 (2007〜2009年度)中島 紀惠子
第7期 (2010〜2012年度) 太田 喜久子
第8期 (2013〜2015年度) 堀内 ふき
 
会員数推移
歴代学術集会
歴代学術集会