HOME ENGLISH 

日本老年看護学会

入会案内機関誌学術集会委員会活動報告・発行物リンク
トップページ > 生涯学習支援研修 > 生涯学習支援研修MAP

    

生涯学習支援研修MAP
 
学習項目 目標と内容例 対象 備考
基礎編 @高齢者の心身の理解
A生活機能の維持向上のための援助技術
【学習目標】
@加齢・それに伴う心身の変化、社会の変化に伴う環境の変化なども含め、援助を効果的に展開するために、高齢者の理解を深める
Aどのような療養の場においても必要となる高齢者の生活機能障害への援助に関する基礎的な知識と技術を学ぶ。

【内容例】
<高齢者の自覚症状のアセスメントと援助>
1)高齢者の痛みのアセスメントと援助
2)高齢者の掻痒感のアセスメントと援助
3)高齢者の不眠のアセスメントと援助
<高齢者の動きのアセスメントと援助>
1)活動耐性(疲労と廃用)のアセスメントと援助
2)歩行と転倒のアセスメントと援助
<高齢者の調節機能のアセスメントと援助>
1)高齢者の代謝のアセスメントと援助
2)高齢者の呼吸循環のアセスメントと援助
日本老年看護学会会員および非会員。
当面は看護職に焦点を当てる。
 
実践編 @回復過程(予防から看取りまで)に応じた援助の実際 【学習目標】
@高齢者の回復過程(病みの軌跡)に応じた看護過程を展開するために必要な知識と技術を理解する。
A老年看護における今日的課題について、社会背景、研究背景(エビデンス)、今後の展望について最新情報を獲得する

【内容例】
<災害看護から見た高齢者援助>
<老年看護から見た被災高齢者援助>
<高齢者の看取り援助>
<高齢者のリハビリテーション看護>
<高齢者の自立生活支援 地域で暮らすことを支える>
<高齢者の食を支える>
<認知症高齢者が必要な医療サービスを受けることを支える>
<高齢者のせん妄ケア>
日本老年看護学会会員および非会員。
看護職に限定しない
 
応用編 @場の特性に応じた高齢者ケアの改善と管理
Aより高度な老人看護実践の開発と普及
【学習目標】
@-1場の特性に応じた高齢者ケアの改善に資する知識と技術を理解する
@-2高齢者ケアのための連携と協働に必要な知識と技術を理解する
A老人看護高度実践領域の知識、技術、政策等に関する最新情報を獲得する

【内容例】以下は@に関して
<住み慣れた地域・自宅、施設で継続した生活を送るためのケアモデル>
<長期ケア施設における医療処置の安全性確保と職員への技術支援>
<長期ケア施設におけるチームビルデイング 看護職と介護職の協働のためのコミュニケーションスキル>
<急性期病院における認知症ケア改善のためのビジョン形成と看護管理スキル>
Aに関しては有識者に確認
日本老年看護学会会員および非会員。
看護職に限定しない。
(管理者、教育者、若手研究者、CN、CNSなどで参加希望がある方など)
 
生涯学習支援研修MAP|今年度の研修実施予定・参加申込|これまでの研修報告