書籍画像

定 価2,160円
(本体2,000円+税8%)


購入数

介護のこころが虐待に向かうとき 〜その真実を知る〜

松本一生 松本章子/著  

体 裁
A5判 196頁
刊行日
2016年4月30日
ISBN
9784863511125
目次
まえがき
はじめに
第1章 介護の「困りごと」を生む背景
Q 1.高齢者にはどのような背景があるのだろうか
Q 2.介護は破綻して当然なのだろうか
Q 3.発言が無視される背景があるのだろうか
Q 4.金銭面がトラブルをよぶのだろうか
Q 5.「自殺(自死)」を口にしやすい背景があるのだろうか
コラム@:自死への対策 53
第2章 その人のどのような点に困るのか
1.「からだ」の面での困りごと
Q 6.動きが鈍い
Q 7.手足がふるえる
Q 8.足が弱ってチョコチョコ歩きになる
Q 9.失禁が増える
2.「おこない」の面での困りごと
Q10.食べ物をよくこぼす
Q11.夕刻になると興奮気味になる
Q12.夜寝ないために介護者が不眠になる
Q13.自宅に引きこもる
Q14.服を着替えない,風呂に入らない
3.「こころ」の面での困りごと
Q15.不安でいっぱいになる
コラムA:グループホームにて
Q16.高齢になって「うつ」と向き合う
Q17.体のぐあいが悪いと言い続ける
Q18.「お金を盗られた」と言う
第3章 介護者が困惑する周囲との関係
Q19.医者との関係で困る
Q20.入院でトラブルが起こる
Q21.施設で問題が起こる
Q22.介護の仕事が社会に理解されず,冷たい言葉を浴びる
第4章 「キレそうな」介護者を見つけたら
Q23.地域全体で見守る
コラムB:悪徳業者による訪問
Q24.専門職なのにどうしたらよいのか分からない
Q25.介護によるこころの傷に耐え続ける
参考文献
あとがき
関連書籍
トップページ介護施設で働く方のための書籍老年医療に関する書籍社会福祉および社会学に関する書籍その他書籍発行雑誌
お問い合わせ | 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright (C) 2009 WORLD PLANNING Co, Ltd. All Rights Reserved.