開催概要

ごあいさつ

第35回日本老年精神医学会 大会長
浦上 克哉
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野
 
 第35回日本老年精神医学会を2020年6月13日(土)から14日(日)に鳥取県米子市の米子コンベンションセンターで開催させて頂くことになりました。
 大会のテーマは「地域を支える老年精神医学」です。近年、精神神経疾患は増加しており5大疾病のひとつとして重要視されております。地域においては少子高齢化が進み、増加する高齢者の精神神経疾患への対策が望まれております。鳥取県は全国でも最も人口が少ない県であり少子高齢化が顕著です。鳥取県での日本老年精神医学会開催は初めてであります。元気な高齢者を増やすためにも精神神経疾患への対応は不可欠であり、それが地域を支えることになると考えます。大会長を務めます小生は神経内科医でありますが、神経内科医が本学会大会長を務めるのは26年ぶりとなります。高齢者の精神神経疾患への対応には精神科医と神経内科医の協力体制が必要となることも多く、連携強化につながる大会にできればと希望しております。副大会長に鳥取大学医学部脳神経医科学講座精神行動学分野教授の兼子幸一先生、鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科学分野教授の花島律子先生にお願いしオール鳥取で皆様をお迎えしたいと考えております。
 大会の特別講演では現Vice President, Global Medical Affairs, Alzheimer's Disease at Eisai Inc.、前ソルボンヌ大学神経学教授であるHarald Hampel先生に「認知症のバイオマーカー研究と疾患修飾薬開発の現状(仮)」をテーマとしてご講演を頂く予定です。シンポジウムでは「認知症の受診勧奨の課題と早期診断のベネフィット」、「認知症バイオマーカーの最新研究(仮)」、「認知症高齢者の自動車運転(仮)」、「認知症と睡眠障害(仮)」、「認知症の共生と予防(仮)」、他をテーマとする講演と討議を予定しており、教育講演では「認知症と鑑別が必要な統合失調症(仮)」、「高齢者のパーキンソン病(仮)」、他の講演を企画しております。
 会場のあります鳥取県米子市は伯耆富士として親しまれる秀峰大山、美しい日本海、ゲゲゲの鬼太郎ロード、名探偵コナンの里などの有名な観光地も近くにあり、皆生温泉で疲れを癒し山の幸、海の幸を堪能頂ければと存じます。この第35回大会を実り多い大会にしたいと考えておりますので、多くの方にご参加頂けるよう期待しております。
 

開催概要

名 称 第35回日本老年精神医学会
主 催 公益社団法人日本老年精神医学会
日 程 2020年6月13日(土)~14日(日)
会 場 米子コンベンションセンター (鳥取県米子市末広町294)
テーマ 地域を支える老年精神医学
大会長 浦上 克哉(鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野)
副大会長 兼子 幸一(鳥取大学医学部脳神経医科学講座精神行動医学分野)
花島 律子(鳥取大学医学部脳神経内科学)
大会事務局 第35回日本老年精神医学会事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル2F 株式会社ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757 E-mail:jps.taikai@nqfm.ftbb.net