書籍画像

定 価1,080円
(本体1,000円+税8%)


購入数

わたし「認知症」だと言われてしましました

藤本直規・奥村典子/著  

体 裁
A5判 72頁
刊行日
2016年4月15日
ISBN
9784863511118
内容紹介
『わたし「認知症」だと 言われてしまいました』という、なんとも衝撃的なタイトルをつけました。
この将来を閉ざしてしまうようなタイトルですが、ここには、しっかりと わが身に起きた事実を認識し、そして、 諦めずに覚悟をもって明日に向かって生きるという切実な願いが 込められています。
そのための一助として、本書を役立ててください。
目次
はじめにの言葉にかえて
  1. この認知症という病気を知らなければいけません
  2. あなたから医師や支援者と向き合ってください
  3. この病気は残念ながら治らないのです
  4. 何度も同じことを聞いたり,話したりしているのです
  5. 日付や時間,場所がわからなくなっているのです
  6. 意欲的に段取りよく動けていないのです
  7. 生活の基本的な行為がしづらくなっているのです
  8. 見え方が変わっているのです
  9. 言葉が出づらくなったり,違う言葉で話したりしてしまうのです
  10. 心も体も日によって調子が変わっているのです
  11. 見えないものが見えているのはあなただけなのです
  12. だれかが盗ったのではないのです.ほとんどの場合,あなたがどこかへ片づけているのです
  13. 道に迷うことがあるかもしれません
  14. 人に手をあげたり,ひどい口調で言葉を言い放ったりするかもしれません
  15. 身体にいろいろな変調を感じると思います
  16. 自宅にいながら,家に帰りたいと思うことがあります
  17. 毎日介護をされててもだれかがわかりません
  18. いろんなものを集めたり,ほしいものを我慢することができません
  19. 汚れた物を隠したりします
  20. 毎日同じ時間に同じような行動を繰り返すことがあります
  21. あなたのなにかが悪いから認知症になったのではありません
  22. 認知症になってもできることはたくさんあります
  23. 工夫次第で何とかできます
  24. これから先もあなたは生きていくのです
  25. ご家族の気持ちを理解します
関連書籍
トップページ介護施設で働く方のための書籍老年医療に関する書籍社会福祉および社会学に関する書籍その他書籍発行雑誌
お問い合わせ | 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright (C) 2009 WORLD PLANNING Co, Ltd. All Rights Reserved.