定 価1,728円
(本体1,600円+税8%)



購入数

高齢者の睡眠を守る  - 睡眠障害の理解と対応 -

井上 雄一/著




体 裁
A5判 140頁
刊行日
2014年5月
ISBN
9784863510739
内容紹介
本書は、睡眠医療の専門家が、加齢に伴う睡眠・生体リズムの 変化から、各種睡眠障害の病態と治療、予防、睡眠薬の服用法 と副作用、認知症と睡眠等をわかりやすく総合的に解説し、高 齢者の健康な睡眠を守るための知恵を伝授する、わが国初の高 齢者の睡眠障害マネジメントに関するガイドブックである。
著者紹介 (2014/4 現在)
井上 雄一 
東京医科大学睡眠学講座・教授
医療法人社団絹和会睡眠総合ケアクリニック代々木・理事長
目 次
高齢者の睡眠障害−序にかえて
 
第1章 介護者が知りたい睡眠に関する45 のQ&A
T.介護者は眠れないのか?
U.介護現場からの睡眠SOS
1.リズム障害  2.不眠  3.レム睡眠行動障害,入眠時幻覚  4.睡眠の基礎知識
5.認知症と睡眠  6.睡眠薬の使用
 
第2章 加齢と睡眠・生体リズム
T.睡眠構造の特性
U.1時間ずれる体内時計
V.睡眠中は「体が休まっている?」
W.睡眠と関連した指標の加齢による変動
X.高齢者はなぜ早寝・早起きか
Y.昼間にも眠気は持続する
Z.理想的な睡眠衛生とは
 
第3章 高齢者と不眠
T.不眠とは?
U.高齢者不眠の特徴
V.不眠の原因はさまざまである
1.精神生理性不眠  2.睡眠時無呼吸症候群  3.周期性四肢運動障害
4. レストレスレッグズ症候群(restless legs syndrome;RLS,むずむず脚症候群)
5.疾患による二次性の不眠  6.薬剤や嗜好品による睡眠障害 7.「眠りにくい」環境
W.不眠はうつ病を引き起こす?
X.不眠の治療
1.睡眠薬  2.睡眠薬の副作用とその対策  3.認知行動療法
 
第4章 概日リズム睡眠障害
T.睡眠相後退症候群と睡眠相前進症候群
U.夜間せん妄とアルツハイマー型認知症
V.睡眠日誌をつけよう
 
第5章 睡眠時無呼吸症候群
T.どのような病気か
U.どのような人がかかりやすいか
V.代表的な治療法:持続陽圧呼吸(CPAP)療法
 
第6章 レストレスレッグズ症候群
T.どのような病気か
U.どのような症状か
V.原因と診断
W.非薬物療法と薬物療法
・代表的なレストレスレッグズ症候群の症例
 
第7章 認知症の睡眠障害
T.認知症と概日リズム睡眠障害
U.認知症のリスクを高める睡眠時無呼吸症候群
V.認知症高齢者におけるレストレスレッグズ症候群
 
第8章 睡眠中の異常行動
T.せん妄
U.レム睡眠行動障害(RBD)
・レム睡眠行動障害の症例
 
第9章 高齢者の睡眠を守るために
T.睡眠は心身の機能を回復させる
U.健康な睡眠を守る7 つの知恵
1.8時間睡眠にはこだわらない  2.眠くなってから寝床に就く  3.睡眠の邪魔になる刺激物を避ける
4.起きる時間は一定にする  5.昼間はしっかりと活動性を上げる  6.昼寝は20〜30 分以内とする
7.早朝散歩は必ずしもよくない
 
参考文献
用語集
関連書籍
 
トップページ介護施設で働く方のための書籍老年医療に関する書籍社会福祉および社会学に関する書籍その他書籍発行雑誌
お問い合わせ | 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright (C) 2009 WORLD PLANNING Co, Ltd. All Rights Reserved.