書籍画像

定 価2,200円
(本体2,037円+税8%)



  購入数



電子書籍版はこちら
(外部サイト)

改訂5版・認知症ケアにおける社会資源 

一般社団法人日本認知症ケア学会/編 


第13回(2017年)試験より公式テキストが変わります
標準テキストを改訂(改訂5版発行)いたします。第13回(2017年)認知症ケア専門士認定試験では、改訂後のテキストに準じた内容で出題されます.

「認知症ケア専門士」の参考書として最適。
認知症にかかわるすべての人にとっての必読・必携の1冊!
認知症ケア専門士の資格取得に必要な情報を満載!!
専門士試験の重要ポイントがコンパクトにまとめられています。


体 裁
A5判 221頁
刊行日
2016年11月25日
ISBN
9784863511231
執筆者一覧 ※所属は掲載当時
赤木 徹也 工学院大学建築学部
綾部 貴子 梅花女子大学
池田惠利子 公益社団法人あい権利擁護支援ネット
岡田 進一 大阪市立大学大学院生活科学研究科
岡田 直人 北星学園大学社会福祉学部
笠原 幸子 四天王寺大学人文社会学部
神部 智司 大阪大谷大学人間社会学部
白澤 政和 桜美林大学大学院老年学研究科
進藤 由美 国立開発研究法人国立長寿医療研究センター
杉原 陽子 首都大学東京都市環境科学研究科
塚田 典子 日本大学商学部
内藤佳津雄 日本大学文理学部
平井 俊圭 社会福祉法人伊賀市社会福祉協議会
福富 昌城 花園大学社会福祉学部
三浦  研 京都大学大学院工学研究科
三宅 貴夫 認知症の人と家族の会顧問
森  一彦 大阪市立大学大学院生活科学研究科
矢吹 知之 認知症介護研究・研修仙台センター
目次
はじめに
認知症ケア関連テキスト開発委員会
執筆者一覧
第1 章  認知症の人にとっての社会資源とは
T.社会資源とは
1 .フォーマルかインフォーマルか
2 .フォーマルとインフォーマルの組み合わせ
3 .社会資源とソーシャルキャピタル
U.社会資源の調整(コーディネーション)機能
第2 章 認知症の人に対するフォーマルケア
T.医療・保健サービス
1 .はじめに
2 .医療保険制度の体系
3 .医療保険制度の内容
4 .後期高齢者医療制度
5 .新たな医療保険制度
6 .認知症の人に対する施策のこれまでの経緯
U.介護サービス
1 .高齢者介護サービスの社会的背景
2 .介護保険制度の理念
3 .介護保険制度改正の経緯
4 .介護保険制度の概要
5 .介護サービス
6 .地域密着型サービス
7 .地域支援事業
8 .認知症の人に関連するその他の高齢者保健福祉施策
9 .新オレンジプランによる認知症施策
V.住宅サービス
1 .認知症の人の住環境
2 .住宅改修
3 .小規模多機能型サービス
W.所得保障サービス
1 .所得保障サービスの体系
2 .公的年金制度
3 .生活保護制度
4 .その他の所得保障サービス
X.権利擁護・成年後見制度
1 .権利擁護の基本・「アドボカシー」について
2 .成年後見制度・権利擁護システムの活用
3 .成年後見制度・権利擁護システム活用における支援の必要性
Y.福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)
1 .福祉サービス利用援助事業が必要となった背景
2 .日常生活自立支援事業の概要
3 .日常生活自立支援事業利用による効果
4 .日常生活自立支援事業の課題と限界性
Z.悪徳商法
1 .悪徳商法とは
2 .悪徳商法の種類と特徴
3 .悪徳商法の早期発見
4 .悪徳商法への対応と解決方法
[. 高齢者虐待の防止,高齢者の養護者に対する支援等に関する法律
1 .「高齢者虐待防止法」成立の経緯
2 .「高齢者虐待防止法」とは
3 . 養護者による高齢者虐待の防止,養護者に対する支援等
4 .養介護施設従事者等による高齢者虐待の防止等
5 .高齢者虐待防止ネットワークの構築
6 .「高齢者虐待防止法」制定の成果と法改正に向けての提言
7 .超高齢社会の到来に向けて
\.第三者評価・苦情解決
1 .はじめに
2 .サービスの質の向上と利用者の権利擁護を指向する背景
3 .第三者評価
4 .苦情解決
5 .オンブズマン
6 .リスクマネジメント
7 .おわりに
].フォーマルケアの実施主体と供給主体
1 .7 つのニーズ
2 .実施主体と供給主体
第3 章 認知症の人に対するインフォーマルケア
T.家  族
1 .インフォーマルケアとしての家族の役割
2 .家族からの情緒的サポート
3 .家族からの手段的サポート
4 .家族によるインフォーマルケアの課題
U.家族会:「公益社団法人認知症の人と家族の会」の場合
1 .はじめに
2 .活  動
3 .おわりに
V.民生委員・ボランティア
1 .民生委員
2 .ボランティア
W.ソーシャルサポートの役割
1 .はじめに
2 .ソーシャルサポートの重要性
3 .ソーシャルサポート提供者の役割
4 .ソーシャルサポートを含む多様な社会資源ネットワークの形成
5 .ソーシャルサポート・ネットワークの維持
6 .ソーシャルサポートを含む多様な社会資源に関する今後の方向性
第4 章 認知症の相談窓口
T.認知症本人やその家族のための主な相談窓口
1 .地域包括支援センター
2 .医療機関(認知症疾患医療センター・病院・診療所・もの忘れ外来)
3 .市区町村,保健所・保健センター・精神保健福祉センター
4 .公益社団法人認知症の人と家族の会
5 .社会福祉協議会
6 .介護支え合い電話相談(社会福祉法人浴風会)
7 .認知症コールセンター
8 .高齢者総合相談センター(シルバー100 番)
U.認知症本人やその家族がおかれている生活の状況に対応した相談窓口
1 .権利擁護に関する相談窓口
2 .被災地域での認知症高齢者本人やその家族等のための相談窓口
3 .若年性認知症の人のための相談窓口
4 .身元不明の認知症高齢者の相談窓口
第5 章 地域で認知症の人を支えるために
T.地域ケアシステム
1 .「地域で暮らす」とは
2 .高齢者人口の増加と日常生活への影響
3 .「地域包括ケアシステム」の考え方と新オレンジプラン
4 .各地域で取り組む認知症の地域ケア
5 .おわりに
U.ケアマネジメント
1 .ケアマネジメントとは
2 .ケアマネジメントの機能
3 .ケアマネジメントのプロセス
4 .認知症の人のケアマネジメント
関連書籍
改訂4版・認知症ケアの基礎 改訂4版・認知症ケアの基礎
改訂4版・認知症ケアの実際T:総論 改訂4版・認知症ケアの実際T:総論
改訂5版・認知症ケアの実際U:各論 改訂5版・認知症ケアの実際U:各論
改訂5版・認知症ケア事例集 改訂5版・認知症ケア事例集

お問い合わせ | 特定商取引に関する法律に基づく表示  Copyright (C) 2012 WORLD PLANNING Co, Ltd. All Rights Reserved.