プログラム(予定)

一般演題 発表日時・形式・分科会等一覧(五十音順)    交流セッション_発表日時等一覧

第1日目:6月15日(土)
9:00~9:30
第1会場 広尾ホール
オープニングセレモニー
9:00~9:10 挨拶
高田 早苗(日本赤十字看護学会 理事長)
9:10~9:30 女声合唱
コールシャマイクル
曲 目: 創作曲 「おはよう私は看護師」
曲 目: 創作曲 「触れて癒すナースの手」
9:30~10:30 
第1会場 広尾ホール
会長講演     
伝統を革新する赤十字看護師の決断とチャレンジ
講演者川嶋みどり(日本赤十字看護大学 名誉教授,医療法人財団健和会臨床看護学研究所 所長)
座 長安藤 広子(日本赤十字秋田看護大学学長・教授)
10:40~12:30 
第1会場 広尾ホール
テーマセッション 
「銭湯」と「清拭」―コミュニティをつなぐケア―
パネリスト孫  大輔(東京大学大学院医学研究科医学教育国際研究センター医学教育学部門 講師,家庭医)
パネリスト平原 優美(公益財団法人日本訪問看護財団あすか山訪問看護ステーション 統括所長)
パネリスト若林 稲美(武蔵野赤十字病院 副院長兼看護部長)
座 長西村 ユミ(首都大学東京健康福祉学部看護学科学科長・教授)
座 長大和田恭子(日本赤十字社幹部看護師研修センター教務部長)
12:00~13:30  
第11会場 301講義室
ランチョンセミナー
ひびきと脳で複数の症状を同時に解く世界初の脳幹療法
講演者佐伯 吉捷(日本オルゴール療法研究所所長)
座 長本郷美香子(医療法人財団健和会臨床看護学研究所)
13:00~14:00  
第1会場 広尾ホール
総会
14:10~15:10
第3会場 206講義室
交流セッション 1    
臨床看護実践開発事業委員会企画「臨床に埋もれている看護の技の発掘」 ―優れた実践の語りと技の伝承―
企画者本庄 恵子(日本赤十字看護大学)
14:10~15:10
第4会場 202講義室
交流セッション 2
災害急性期における医療機関の看護職への支援 ―災害時の受援体制の整備に向けて―
企画者安藤 広子(日本赤十字秋田看護大学看護学部看護学科)
14:10~15:10
第6会場 204講義室
交流セッション 3   
元日本赤十字社救護看護婦の母から学んだこと ―小原真理子氏の語りから赤十字の看護を考える―
企画者川原由佳里(日本赤十字看護大学)
14:10~15:10
第12会場 第2実習室
交流セッション 4   
取り戻そう! 自然の回復過程を整えるケア ―熱布バックケアプロジェクト その1―
企画者茂野香おる(淑徳大学)
14:10~15:10
第5会場 203講義室
一般演題(口演発表)
研究報告・O-1群 精神看護・災害看護
座 長戸村 道子(日本赤十字広島看護大学教授)
座 長間瀬 照美(横浜市立みなと赤十字病院看護部長)
14:10~15:10
第7会場 207講義室
一般演題(口演発表)
実践報告・O-1群 看護基礎教育・臨床看護
座 長 池田 美里(日本赤十字社医療センター看護師長)
座 長 樋口 佳栄(日本赤十字看護大学講師)
14:10~15:10
第8会場 208講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-1群 看護基礎教育
座 長 阿部 範子(日本赤十字秋田看護大学准教授)
座 長 柳 めぐみ(姫路赤十字看護専門学校副学校長)
14:10~15:10
第9会場 209講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-2群 小児看護
座 長 大重 育美(日本赤十字九州国際看護大学教授)
座 長 大西 文子(日本赤十字豊田看護大学看護学部小児看護学教授)
14:10~15:10
第10会場 211講義室
一般演題(示説発表)
研究報告・P-1群 看護基礎教育
研究報告・P-2群 臨床看護
実践報告・P-1群 老年看護・在宅看護
15:30~17:00 
第1会場 広尾ホール
特別講演1    
ケアの地下水
講演者 徳永  進(野の花診療所 院長)
座 長 川嶋みどり(日本赤十字看護大学名誉教授)
対談  徳永  進 × 谷川 俊太郎
17:30~19:00  
学生食堂
懇親会
第2日目:6月16日(日)
9:10~10:10
第3会場 206講義室
交流セッション5   
保育所における妊娠期からの切れ目のない支援 ―看護・助産・保育の協働が生み出す新しい実践―
企画者萩原 直美 (日本赤十字社助産師学校)
9:10~10:10
第4会場 202講義室
交流セッション6   
九州における大学発信型の災害看護対応システム構築に向けた取り組み ―研修設計の工夫と評価から―
企画者大重 育美 (日本赤十字九州国際看護大学看護学部)
9:10~10:10
第12会場 第2実習室
交流セッション7   
体感しよう! 自然の回復過程を整えるケア ―熱布バックケアプロジェクト その2―
企画者 内山 孝子 (日本赤十字看護大学)
9:10~9:55
第5会場 203講義室
一般演題(口演発表)
研究報告・O-2群 臨床看護
座 長 山口 佳子(日本赤十字北海道看護大学准教授)
座 長 吉村 美樹(大森赤十字病院看護師長)
9:10~9:55
第7会場 207講義室
一般演題(口演発表)
実践報告・O-2群 小児看護・地域・在宅看護
座 長 梅野 直美(武蔵野赤十字病院看護部看護副部長)
座 長 志賀加奈子(日本赤十字北海道看護大学教授)
9:10~9:55
第8会場 208講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-3群 ケア提供者の経験
座 長 田母神裕美(日本赤十字社医療事業推進本部看護部看護管理課長)
座 長 吉川 悦子(日本赤十字看護大学准教授)
9:10~10:10
第9会場 209講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-5群 小児看護
座 長 大髙 恵美(日本赤十字秋田看護大学准教授)
座 長 山村 美枝(日本赤十字広島看護大学教授)
9:10~10:10
第10会場 211講義室
一般演題(示説発表)
実践報告・P-2群 臨床看護・小児看護・看護管理
研究報告・P-3群 国際・災害看護
研究報告・P-4群 老年看護・地域・在宅看護
10:00~11:30 
第11会場 301教室
市民公開講座   
日赤ナースと学ぼう ―知っていてよかった子どもを守る救急の知識・技術―
講演者井出 拓也(日本赤十字社医療センター 小児救急看護認定看護師)
座 長安部 陽子(日本赤十字看護大学教授)
座 長江本 リナ(日本赤十字看護大学教授)
※ポスター(画像クリックで表示)
10:20~11:20 
第1会場 広尾ホール
教育講演
「癒しの中」にある食事 -口腔機能を引き出す咀嚼嚥下食とスプーンテクニック-
講演者田中 靖代(有限会社ナーシングホーム気の里 代表取締役)
座 長茂野香おる(淑徳大学看護栄養学部看護学科長・教授)
10:20~11:20
第3会場 206講義室
交流セッション8   
もっとクロス! アクティブラーニング(MCAL) ―看護教育におけるアクティブラーニングへの挑戦―
企画者 服部 智子 (日本赤十字広島看護大学)
10:20~11:20
第4会場 202講義室
交流セッション9  
理念を実践に活かすセルフケア支援 ―明日からできるSCAQを活用したセルフケア支援―
企画者加藤ひろみ(日本赤十字社医療センター)
10:20~11:20
第5会場 203講義室
一般演題(口演発表)
研究報告・O-3群 老年看護・継続教育・看護管理
座 長 阿部オリエ(日本赤十字九州国際看護大学准教授)
座 長 江尻 昌子(日本赤十字社幹部看護師研究センター専任教師)
10:20~11:05
第7会場 207講義室
一般演題(口演発表)
実践報告・O-3群 国際・災害看護
座 長 織方  愛(日本赤十字看護大学看護学部講師)
座 長 東  智子(熊本赤十字病院看護部長)
10:20~11:05
第8会場 208講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-4群 臨床看護
座 長 高岸 壽美(日本赤十字社和歌山医療センター看護部長)
座 長 仁昌寺貴子(日本赤十字看護大学講師)
10:20~11:20
第9会場 209講義室
一般演題(口演発表)
卒業研究・O-6群 国際看護・看護の歴史・その他
座 長 佐藤 美佳(日本赤十字秋田看護大学講師)
座 長 長尾佳世子(日本赤十字豊田看護大学講師)
10:20~11:20
第10会場 211講義室
一般演題(示説発表)
卒業研究・P-1群 
実践報告・P-3群 災害看護
実践報告・P-4群 看護教育・看護の歴史
研究報告・P-5群 精神看護・臨床看護・母性看護

11:30~12:30

第1会場 広尾ホール

特別講演2    
尊厳ある生を支援する -SOC,ACP,EOL-
講演者カール・ベッカー(京都大学学際融合教育研究推進センター 政策のための科学ユニット 特任教授)
座 長高田 早苗(日本赤十字看護大学名誉教授)
12:30~13:30
第3会場 206講義室
交流セッション10 
医療施設におけるワーク・ライフ・バランス型マネジメントの現状と課題 ―看護部長の悩みと挑戦に焦点を当てて―
企画者 前田久美子(日本赤十字看護大学)
12:30~13:30
第4会場 202講義室
交流セッション11 
看護を語る ―語ること・聴くことを通して看護を語ることの意味を共に考える―
企画者境  美幸(大森赤十字病院)
12:30~13:30
第7会場 207講義室
交流セッション12 
臨床現場での困りごとを語り合おう! ―看護の明日を切り拓くために―
企画者河合 桃代(帝京平成大学)
13:30~15:30 
第1会場 広尾ホール
シンポジウム   
伝統と革新 ―当たり前のことを続けていくこと―
シンポジスト澁谷 幸(神戸市立看護大学 准教授)
シンポジスト中西 悦子(金沢大学附属病院看護部 副看護部長)
シンポジスト中根 直子(日本赤十字社医療センター 看護副部長)
座  長 東郷美香子(医療法人財団健和会臨床看護学研究所)
座  長 本庄 恵子(日本赤十字看護大学教授)
 
*プログラムが決定次第,順次ご案内いたします


Copyright 2018-2019 日本赤十字看護学会  掲載内容の無断転載を禁じます