学術集会に参加される方へのご案内
口演発表者および座長へのご案内
示説発表者へのご案内
交流セッションの企画者・関係者へのご案内
学術集会に参加される方へのご案内
Ⅰ.参加受付
<総合受付の設置場所・設置時間>
総合受付の設置時間等は以下のとおりとなります.
日程 設置時間 設置場所
6 月15日(土) 8 : 45~17 : 00 エントランスホール(1F)
6 月16日(日) 8 : 45~15 : 00 エントランスホール(1F)
 
<事前参加申込をされている方へ>
  • 総合受付での手続きの必要はございません.
  • 事前に送付しましたネームカード(参加証)をご持参のうえ,会場内では常時ご着用ください.ネームカードを未着用の方はご入場いただけません.
  • ネームカードを紛失等された方は,総合受付にて再発行の手続きを行ってください.
  • 講演集のお貸出し,および再配布は行っておりませんので,ご注意ください.
  • 一度払い込まれた参加費等の返金には応じられませんので,ご了承ください.
 
<当日参加申込をされる方へ>
  • 記名台に設置しております参加登録申込書に必要事項をご記入のうえ,総合受付にて学術集会参加費をお 支払いください.
  • 参加申込完了後,講演集とネームカードをお受け取りのうえ,ネームカードに氏名・ご所属先を記入し,会場内では常時ご着用ください.
 
<学部生・大学院生の方へ>
  • 記名台に設置しております参加登録申込書に必要事項をご記入のうえ,総合受付にて学生証を提示し,学術集会参加費をお支払いください.学生証の提示がない場合は,学部生・大学院生として参加登録はできませんのでご了承ください.
  • 参加申込完了後,ネームカードをお受け取りのうえ,ネームカードに氏名・ご所属先を記入し,会場内では常時ご着用ください.
  • 学部生・大学院生の参加費には講演集は含まれませんので,必要な方はご購入ください.
Ⅱ.参加費および参加区分等
<参加費・参加区分>
学術集会の参加費および参加区分は以下のとおりとなります.
事前参加申込 当日参加申込
会 員 8,000円 9,000円
非会員 9,000円 10,000円
学部生* なし 1,000円
大学院生* なし 3,000円
  • 講演集は含まれません/専任勤務機関のない学部生・大学院生に限る/学生証の提示が必要
 
<懇親会>
日 時:6月15日(土)17 : 30~19 : 00
会 場:日本赤十字看護大学1F 学生食堂
参加費:5,000円
定 員:100 名
申込方法:
総合受付にて懇親会参加希望の旨をお申し出いただき,懇親会参加費をお支払いください.受付にてネームカードに,懇親会参加申込完了のシールを貼付いたします.
  • 事前参加申し込みをされた方は手続きの必要はございません.ネームカードに参加申込完了のシールを貼付しておりますので,直接,懇親会会場にお越しください.
  • 会場の関係上,人数に限りがありますので,お早めにお申し込みください.
  • 一度お支払いいただいた参加費等の返金には応じられませんので,ご了承ください.
 
<講演集>
会期中は株式会社ワールドプランニングのブース(1Fラウンジ周辺)にて2,000円で販売しております.
Ⅲ.クロークの設置場所・設置時間
クロークの設置時間等は以下のとおりとなります.
日程 設置時間 設置場所
6月15日(土) 8 : 45~17 : 30 205講義室(2F)
6月16日(日) 8 : 45~15 : 30 205講義室(2F)
  • 日付を越えてお預かりすることはできません.
  • 懇親会に出席する方は,17 : 30 までに,必ず荷物をお受け取りください.
  • 手荷物は,可能な限りまとめていただきますようご協力をお願いいたします.なお,傘・貴重品,壊れ物等のお預かりはいたしかねますので,ご了承ください.
Ⅳ.ランチョンセミナーについて
日 時:6月15日(土)12:00~13:30
会 場:第11会場(301講義室/3 F)
テーマ:ひびきと脳で複数の症状を同時に解く世界初の脳幹療法
講演者:佐伯 吉捷(日本オルゴール療法研究所所長)
 
  • ランチョンセミナーの整理券を6月15日(土)8 : 45~総合受付周辺で配布いたします.
  • 整理券は参加者1名につき1枚配布いたします(なくなり次第,終了).参加証をご提示のうえ,整理券をお受け取りください.
  • ランチョンセミナーは会場前で整理券とお弁当を交換いたします.
  • プログラム開始時間には必ず会場にお入りください.整理券をお持ちの場合でも,開始5分後までに交換されていない場合には入場をお断りすることがございます.
Ⅴ.市民公開講座の開催について
下記の講座は,市民公開講座として一般の方々にもご案内しております.
日 時:6月16日(日)10 : 00~11 : 30
会 場:第11会場(301講義室/3 F)
テーマ:日赤ナースと学ぼう ─知っていてよかった子どもを守る救急の知識・技術─
講演者:井出 拓也(日本赤十字社医療センター小児救急看護認定看護師)
参加申込:事前申し込みはございません.プログラム開始に合わせて,直接会場にお越しください.
参加費:無料
Ⅵ.日本赤十字看護学会関係
<総会について>
  • 6月15日(土)13 : 00~14 : 00 第1会場(広尾ホール/1F)
  • 会員の方はネームカードを着用し,会場入口で総会資料をお受け取りのうえご出席ください.
 
<学会への入会案内について>
  • 学術集会の会場では,学会への入会申し込みおよび手続きはできません.
  • 学会への入会をご希望の方には,運営事務局デスク(エントランスホール/1F)にて入会申込書をお渡しします.後日,所定の手続きを行ってください.
Ⅶ.企業展示・書籍販売等について
1Fイベントホール・1F学生ラウンジ前,および2Fエレベーターホール・学生ラウンジ前で,9 : 00~17 : 00(16日は15 : 30 終了)に行っています.是非お立ち寄りください.
Ⅷ.昼食・飲食
  • 昼食は各自でご用意ください.なお,会場内に購入可能な場所はございませんので,ご注意ください.
  • 1F・2 F にはドリンクコーナー等もありますので,ご利用ください.
  • 第1 会場(広尾ホール/1F)内は飲食禁止となっておりますので,ご遠慮ください.
Ⅸ.災害発生時の避難
  • 災害発生時には,各会場でアナウンスを行いますので,アナウンスおよびスタッフの指示に従って避難し てください.
  • 災害発生時には,エレベーターを使用しないでください.
Ⅹ.会場内でのお願い・注意事項
  • 第1会場(広尾ホール)内は飲食禁止となっておりますので,ご遠慮ください.
  • 会場内で出ましたゴミは必ずお持ち帰りくださいますようお願いいたします.
  • 会場内では携帯電話等の通信機器の使用はご遠慮ください.
  • 発表に関わる撮影・録音を行うことは,一切禁止しております.講演等の撮影・録音等をご希望の場合は, 登壇者(講演者,発表者等)および日本赤十字看護学会の許可が必要となります.
  • 救護が必要な場合には,最寄りのスタッフ,または総合受付にお申し出ください.
  • 会場内での呼び出し等は行っておりません.また,会期中の電話対応は行いませんので,参加者への連絡 には第1 会場(広尾ホール)前に設置してありますメッセージボードをご利用ください.
  • 日本赤十字看護学会の許可を得ていないビラ配り等の行為は一切禁止しております.
  • ご来場の際には公共交通機関をご利用ください.会場および周辺の駐車場の利用による事故・盗難・紛失 等があった場合,日本赤十字看護学会は一切の責任を負いません.
  • 会場内はすべて禁煙となります.所定の喫煙場所をご利用ください.



口演発表者および座長へのご案内
Ⅰ.口演形式で発表される方へ
本学術集会の口演発表は,すべてパワーポイントを使用しての発表となります.「4.発表メディア」の事項に留意いただき,準備をお願いいたします.
 
1 .受付
  • 口演発表者の受付はございません.ネームカード(参加証)をご着用のうえ,発表会場には開始10分前までにお越しいただき,会場前方の「次発表者席」にご着席ください.
 
2 .データ受付
  • エントランスホール(1F)に設置の「講演者・座長受付(PC受付)」にてパワーポイントデータの提出・動作確認を行ってください.
日程 設置時間 設置場所
6月15日(土) 8 : 45~16 : 00 講演者・座長受付(PC受付)
(エントランスホール/1F)
6月16日(日) 8 : 45~12 : 30 講演者・座長受付(PC 受付)
(エントランスホール/1F)
  • 6月16日に発表予定の方は,可能な限り15日に受付を行ってください.
  • PC受付でお預かりしたデータは,事務局が会場のパソコンに事前にコピーいたします.
  • お預かりしたデータは,学術集会終了後,事務局が責任をもって消去いたします.
 
3 .発表
  • 進行は座長に従ってください.
  • 発表時間は,1演題15分(発表10分,質疑応答5分)となります.時間厳守でご発表ください.
  • 発表者は,演台上に設置されているパソコンをご自身で操作して発表を行ってください.
  • 発表時には,使用される資料・パワーポイント等を含め,倫理的配慮がなされている発表であることを必ず口頭にてご説明ください.
  • 発表時に資料を配布することはできません.
  • 発表者の欠席があった場合には,繰り上げて発表を行います.
 
4 .発表メディア
1 )パソコンの仕様
  • OS:Windows 10/Microsoft PowerPoint 2013~2016
  • スライドサイズ:画面に合わせる(4:3)
  • 音声は使用できません.動画を使用される場合は,パワーポイントに組み込んでください.
 
2 )フォント
  • 文字化けのおそれがありますので,OS に標準装備されているものをご使用ください.
    日本語:MS ゴシック,MSP ゴシック,MS 明朝,MSP 明朝
    英語:Arial,Times New Roman,Century
 
3 )PowerPoint の作成・保存
  • 発表データは,CD-ROM またはUSB メモリに保存し,事前にウイルスチェックを行ったものをお持ちください.
  • 保存時のデータファイル名は「演題番号_発表者氏名」としてください.
    例)演題番号O-1の日赤花子さんの場合:「O-1_日赤花子.pptx」
  • 予備を含めて2 つのメディアをお持ちいただくことをお勧めします.
 
4 )発表演題に関する利益相反
Ⅱ.座長の方へ
1 .受付
  • 担当群の開始30分前までにエントランスホール(1F)に設置の「講演者・座長受付(PC 受付)」にて受付をお済ませください.
 
2 .進行
  • 担当群の開始10分前までに,会場前方の「次座長席」にご着席ください.
  • プログラム開始時間になりましたら口演発表を開始してください.
  • 口演発表の発表時間は,1演題15分(発表10分,質疑応答5分)となります.時間厳守での進行をお願いいたします.
  • 発表者の氏名の読み方は,会場で直接ご確認ください.
  • 発表者に欠席が出た場合には,発表を繰り上げて進行してください.
 



示説発表者へのご案内
Ⅰ.示説形式で発表される方へ
1 .受付
  • 示説発表者の受付はございません.ネームカード(参加証)をご着用のうえ,ご自身の発表時間(在籍責任時間)の10分前までに,ご自身のポスター掲示場所にお越しください.
 
2 .発表
  • 座長の進行による個別の発表はございません.
  • 在籍責任時間中はご自身のポスター前に待機いただき,参加者からの質疑等にお答えください.
  • 在籍責任時間にポスターが掲示されていない場合,発表辞退とみなします.
 

3 .ポスターの作成要領
  • 1演題につき1 枚のパネルが提供されます.
  • ポスターの掲示パネルのサイズは,縦180cm×横90cm となります.パネルに収まるようにポスターをご準備ください.
  • 演題名・筆頭発表者(姓名の先頭に〇印)・共同発表者・所属を縦20cm×横70cmの大きさで作成し,ポスター上部に配置してください. ・左上に演題番号(縦20cm×横20cm)が入ります.演題番号は運営事務局で用意いたします.
 
4 .ポスターの掲示・撤去
  • ポスターは発表日のみ(1日のみ)の掲示となります.
  • ポスターはご自身の演題番号のパネルに掲示してください.貼付用の文具は掲示場所に用意しております.
  • ポスターの掲示・撤去時間は以下のとおりとなります.
日程 掲示時間 撤去場所
6月15日(土) 9 : 00~13 : 00 15 : 30~17 : 00
6月16日(日) 8 : 45~ 9 : 10 12 : 00~13 : 00
  • ポスターは,必ずお持ち帰りください.撤去時間を過ぎたポスターは運営事務局で処分することがありますことをご了承ください.
 



交流セッションの企画者・関係者へのご案内
1 .受付
  • 交流セッションの企画者・関係者の受付はございません.ネームカード(参加証)をご着用のうえ,直接会場にお越しください.
2 .会場設営・準備等
  • 交流セッションの運営・進行はすべて企画者に一任しております.時間厳守での運営をお願いいたします.
  • 準備・後片付けも含めて時間内に終了するようお願いいたします.
  • 交流セッションに関する資料がある場合には,十分な部数をご準備ください.会場内でコピー等はできませんので,ご注意ください.
3 .会場備品等
  • 会場はスクール形式になっております.
  • 会場にはパソコン(OS : Windows 10/Microsoft PowerPoint 2013),プロジェクター,スクリーン,マイク,レーザーポインターをご用意しております.その他,必要な資材・機材は各自でご準備ください.
 




学術集会に参加される方へのご案内
口演発表者および座長へのご案内
示説発表者へのご案内
交流セッションの企画者・関係者へのご案内
Copyright 2018-2019 日本赤十字看護学会  掲載内容の無断転載を禁じます