プログラム(予定)
*プログラムが決定次第,順次ご案内いたします

2018年5月26日(土)

 
10:45~11:45
第1会場 /広尾ホール
会長講演「エマンシパトリー・ノーイングEmancipatory Knowing;変革のための看護倫理」
講演者:高田 早苗(日本赤十字看護大学)
座 長:安藤 広子(日本赤十字秋田看護大学)
12:15~13:15
第1会場/広尾ホール
総 会
13:30~14:15
第2会場/201講義室
一般演題・口演発表1
13:30~14:30
第3会場/206講義室
卒業研究発表1
13:30~14:00
第6会場/食堂ラウンジ
一般演題・示説発表1
13:45~15:15
第1会場/広尾ホール
ワークショップ1「臨床で身体拘束をしない組織づくり」
企画者:内山 孝子(日本赤十字看護大学)
13:45~15:15
第5会場/210講義室
ワークショップ2「臨床現場や実習現場で実践可能な倫理カンファレンスを体験しよう‼」
企画者:桐山啓一郎(朝日大学保健医療学部看護学科)
14:45~15:30
第2会場/201講義室
一般演題・口演発表2
15:40~17:00
第1会場/広尾ホール
教育講演「ケアの倫理の源流へ ;個からグローバルへ」
講演者:岡野 八代(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科)
座 長:高田 早苗(日本赤十字看護大学)
 

2018年5月27日(日)

 
9:00~10:30
第1会場/広尾ホール
ワークショップ3「診療報酬,介護報酬,W改定がケアの質に与える影響;診療報酬の改定,その運用と倫理的ジレンマ」
企画者:中川 典子(日本赤十字社幹部看護師研修センター)
企画者:久保田聰美(高知県立大学)
9:00~10:30
第4会場/207講義室
ワークショップ4「助けを求めることが難しい状況にある対象の理解;社会的排除事例に立ち向かう看護と看護倫理」
企画者:舩山 健二(一般財団法人聖マリアンナ会 東横惠愛病院 看護部)
9:00~10:30
第5会場/210講義室
ワークショップ5「改めて看護基礎教育における倫理教育を考える」
企画者:鶴若 麻理(聖路加国際大学)
9:30~10:30
第2会場/201講義室
一般演題・口演発表3
9:45~10:30
第3会場/206講義室
卒業研究発表2
10:30~11:00
第6会場/食堂ラウンジ
一般演題・示説発表2
10:40~12:10
第1会場/広尾ホール
ワークショップ6「生活者としての患者の権利を護る看護師の実践知;フロントラインで活動する看護師とともに」
企画者:北村 愛子(日本看護倫理学会学術活動推進委員会)
10:40~12:10

第3会場/206講義室

ワークショップ7「高度医療と社会の狭間で生きる子どもたち;医療により命が支えられている重い脳障害をもつ子どもたちの権利を尊重する看護とは」
企画者:仁宮 真紀(心身障害児総合医療療育センター)
10:40~12:10
第5会場/210講義室
ワークショップ8「みんなで考えよう! 専門看護師が行う倫理調整の実践と課題;倫理調整を行ううえでの「障壁」とその「克服」や「支援」とは」
企画者:吉田 智美(滋賀県立総合病院)
10:40~11:40
第2会場/201講義室
一般演題・口演発表4
12:50~14:20
第1会場/広尾ホール
ワークショップ9「臨床倫理委員会における看護職の役割とは;コンサルテーションの実践から委員会活動へ」
企画者:長尾 幸恵 (神戸市立西神戸医療センター)
12:50~14:20
第3会場/206講義室
ワークショップ10「ナラティヴエシックスによる精神看護の事例検討」
企画者:田中美恵子(東京女子医科大学看護学部)
12:50~14:20
第5会場/210講義室
ワークショップ11「看護のプロフェッショナリズムへ向けて;臨床(看護部)主導の倫理ワークショップで大学(教員)とコラボする」
企画者:木内小百合(佐久市立国保浅間総合病院看護部教育委員会)
12:50~13:50
第2会場/201講義室
一般演題・口演発表5
14:30~15:30
第1会場/広尾ホール
特別講演「水俣病の学術と運動の担い手として」
講演者:花田 昌宣(熊本学園大学,水俣学研究センター)
座 長:長谷川美栄子(医療法人東札幌病院)

15:45~17:00
第1会場/広尾ホール

シンポジウム「社会変革に向けて行動する看護」
シンポジスト:舩山 健二(現・東横惠愛病院/前・新潟刑務所)
シンポジスト:稲垣 絹代(名桜大学名誉教授,いのちを守るナイチンゲールと医療者と卵の会)
シンポジスト:玉置 妙憂(医療法人社団明善会飯田橋榎本クリニック)
座 長:田中美恵子(東京女子医科大学看護学部)
座 長:川原由佳里(日本赤十字看護大学)
 
 
 


Copyright 2017-2018 日本看護倫理学会  掲載内容の無断転載を禁じます