第9回日本臨床睡眠医学会学術集会

The 9th Annual Meeting of Integrated Sleep Medicine Society Japan

TOP > 開催概要

ごあいさつ

金沢医科大学 医学教育学・金沢医科大学病院 睡眠医学センター 堀 有行
 2007年,ISMSJの前身であるSleep Symposium in Kansai(SSK)の第3回を金沢で開催させていただきました.その時は,患者さんの立場に立った「睡眠」を提供できる専門職の育成を目標にし,「睡眠医学と教育」をテーマにいたしました.それから10年が経ち,また金沢でお会いすることができます.今回のテーマは,「つなごう次世代へ,私たちの睡眠医学を」です.私たちの睡眠医学が完成したもので,それを次世代に引き継ぐ,という意味では決してありません.日本独自の医療制度の中で,さまざまな工夫をしながら最良の睡眠関連疾患の医療を行ってきた皆さんが,後継者たちにそのノウハウを伝えるとともに,さらにレベルアップを図ることが目的です.
 最良の睡眠の医療を目標に計画(plan)を立て,実行(do)し,振り返り評価(check)し,改善(act)する,このPDCAサイクルを回すために日本臨床睡眠医学会が存在します.本学会の学術集会は,単なる発表の場ではなく,学んだことを基に,実行した医療を持ち寄り,仲間同士で良い方策を考え学ぶ場です.
 2017年の学術集会は,金沢医科大学病院の新築された設備を中心に開催します.同窓会の支援によりつくられた北辰講堂をメイン会場とし,そのホワイエからは立山連峰から昇る朝陽を,もう一つの会場の医学教育棟からは日本海に沈む夕陽を見ることができます.睡眠覚醒リズムの昼間部分を楽しみながら学んでいただければと思います.
 
Welcome to 9th ISMSJ Annual Meeting in Kanazawa
Ariyuki Hori, MD, PhD
Department of Medical Education, Kanazawa Medical University
Sleep Medicine Center, Kanazawa Medical University Hospital
 This is the second time to meet you at our meeting. The theme of the 9th Annual Meeting is ”To the next generation, convey our sleep medicine”. The environment of sleep medicine in Japan has been in difficult situation due to the limitation of Japanese Health Insurance system. Regardless of this limitation, we have been taking care of a large number of patients suffering from sleep-related disorders. With the aging population, the manpower specializing in sleep medicine is destined to be more and more insufficient. Therefore, it is the urgent issue to train successors of sleep medicine as one of our ISMSJ missions.
 We can see both rising and setting sun from Kanazawa Medical University, and the attendees will study sleep medicine, being surrounded by nature. I hope all of you will enjoy this natural beauty as well as the Kanazawa Culture.

 

開催概要

学術集会名 第9回日本臨床睡眠医学会学術集会
The 9th Annual Meeting of Integrated Sleep Medicine Society Japan
組織委員長 堀 有行(金沢医科大学医学部医学教育学)
テーマ 「つなごう次世代へ、私たちの睡眠医学を」
会 期 2017年9月29日(金)~2017年10月1日(日)
会 場 金沢医科大学・金沢医科大学病院(石川県河北郡内灘町大学1丁目1)

Copyright 2016-2017 日本臨床睡眠医学会  掲載内容の無断転載を禁じます