認知症ケア専門士公式サイト
「認知症ケア専門士」とは認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し, わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設立された 一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です.
HOME > 専門士会 > 学会がサポートする専門士会とは?
専門士会とは?
各地域で自己研鑽を積み,他職種の人たちや地域の方々と力を合わせ認知症ケアに取り組んでいる認知症ケア専門士会(以下,専門士会)の活動をサポートする準備が整いましたので報告させていただくとともに,日本認知症ケア学会(以下,学会)が行うサポート内容等について下記のとおりご案内申し上げます.
専門士会が行う,次の4つの事業活動についてサポートいたします.
事業活動1 
専門士の知識および技術の研鑽に関する事業活動
事業活動2 
認知症ケアを必要とする地域住民の生活を支援する事業活動
事業活動3 
地域住民の認知症ケアに関する知識および技術の普及・啓発に関する事業活動
事業活動4 
その他,各地域の保健・福祉等に貢献することを目的とした事業活動
 
 
アドバイス 
地域部会が必要に応じた助言等を行います.
専門士会の周知 
  1. 日本認知症ケア学会ホームページに専門士会のページを設け,専門士会の講座,研修等の開催案内や入会方法等を掲載
  2. 専門士会の周知のために,認知症ケア専門士認定試験合格者に対し,専門士会の連絡先一覧を送付
商標および標章の使用許可 
専門士会の事業活動を推進するため,学会が所有する下記商標・標章の使用が許可されます.
 
学会からのサポートを受けていない団体等は,下記の商標および標章の使用が
制限されますのでご注意ください.
商標
認知症ケア専門士®
認知症ケア専門士会®
DCQ® (Dementia Carer Qualified)
標章