認知症ケア専門士公式サイト
「認知症ケア専門士」とは認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し, わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設立された 一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です.
HOME > 認知症ケア上級専門士制度 > 認定試験概要

試験概要

第11回認知症ケア上級専門士認定試験

試験日 2019年121日(日) 13:00〜14:00 (予定)
受験地 東京,神戸 (いずれかを選択)
受験料 10,000 円
出題範囲

認知症ケア上級専門士テキスト(全3巻)に準じた内容
・認知症ケアにおける倫理 ・認知症ケアのためのケアマネジメント ・介護関係者のためのチームアプローチ

出題数 50問(マーク式・五者択一)
合格基準 正答率70%以上
受験資格 受験するためには,以下の条件を満たす必要があります.
  1. 認知症ケア専門士としての経験が3年以上あること
  2. 専門士資格更新の有無にかかわらず,2014年4月1日〜2019年3月31日までに認知症ケア専門士の単位を30単位以上取得していること
  3. 認知症ケア上級専門士研修会を修了していること
  4. 次のいずれか1つ以上の条件を満たしていること*
    1. 認知症ケア上級専門士制度規則にある学術集会,地域部会研修会等での演題発表ならびに事例報告(筆頭者のみ)
    2. 認知症ケア上級専門士制度規則にある,査読制度のある機関誌等での論文・事例発表(筆頭者のみ)
    * 2014年4月1日以降かつ専門士資格取得以降〜受験申請期間最終日までに行った発表等に限ります.
有効単位 有効専門士単位期間:2014年4月1日〜2019年3月31日
有効専門士単位期間内に,専門士単位を30単位以上取得している必要があります.有効専門士単位期間外に取得された単位は,受験資格の単位としては認められませんのでご注意ください.
申請期間 2019年 92日(月) 〜 930日(月) 消印有効