一般社団法人 日本認知症ケア学会ホームページ  The Japanese Society for Dementia Care

トップページ > 学会NEWS >  災害支援検討委員会
災害時活動支援事業
 
一般社団法人日本認知症ケア学会では,本学会会員ならびに認知症ケア専門士が,国内で発生したあらゆる災害における,認知症の人および家族,施設,事業所,機関等への支援活動を行った際の費用補助を目的に,2019年1月1日付で「災害時活動支援事業規程」を策定しました.
 
本学会会員ならびに認知症ケア専門士の災害時活動支援金の交付

チャート

 本学会会員と認知症ケア専門士が,被災地(避難所も含む)にて,支援活動を行った際に生じる,交通費や持参した物資の購入のために要した費用を本学会に申請することによって1災害につき50,000円を上限として支援いたします.

 本学会としては,被災した施設へ訪問し介護ボランティアとしてケアを行う,あるいは復旧支援活動を行う,被災地の施設や避難所に食料を購入して持参するなどを想定しています.その際には,支援活動終了後に支援活動報告書・活動経費報告書を提出することで,災害支援検討委員会が認めた活動に対してすみやかに支払われます.ただし,人件費に使用することはできません.
 
対 象 者 日本認知症ケア学会会員ならびに認知症ケア専門士
対象活動 被災者(避難所も含む)にて行った支援活動
支 援 金 1災害につき上限 50,000円 
申請方法 必要事項を記載のうえ,下記事務センターまで郵送にてお送りください.

<必要事項>
氏名,会員番号または専門士番号,活動日,活動場所,活動内容,活動経費報告(領収書添付),振り込み先

<記載例>
記載例
申請期限 災害発生から6か月以内
支援金の用途 交通・宿泊費および持参した物資の購入費
規  程 災害時活動支援事業規程
注意事項:
  1. ご提出のあった申請書をもとに,災害支援検討委員会において確認・検討のうえ活動支援金をお支払いいたします.ご希望に添えない場合もございますことをあらかじめご承知おきください.
  2. 個人での活動が対象となります(業務としての派遣等は対象外).
  3. 活動経費報告には,原則,領収書を添付してください.
  4. 原則,1災害につき50,000円が上限となります.
  5. 人件費は対象外となります.
  6. 災害発生から6か月を経過した申請は認められませんので,ご注意ください.
お問い合わせ先・申請先
一般社団法人日本認知症ケア学会事務センター
〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1オザワビル(株)ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7431  FAX:03-5206-7757  E-mail:d-care@nqfm.ftbb.net
 
 【一般社団法人日本認知症ケア学会事務センター】 〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル(株)ワールドプランニング内
  TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757  E-mail: d-care@nqfm.ftbb.net  (9:30〜17:30 土・日・祝日を除く)
当ホームページは、住友生命創立75周年記念「痴呆ケア分野への支援事業」により誕生しました。