日本認知症ケア学会ホームページ  The Japanese Society for Dementia Care

トップページ > 発行雑誌 > 日本認知症ケア学会誌 >  投稿論文種別
投稿論文種別
この度,投稿論文種別を分かりやすくし,投稿しやすい環境を整えるため,機関誌『日本認知症ケア学会誌』の論文種別の見直しを行いました.その結果,2012年10月20日締切分より,以下の論文種別(新しく研究報告,短報が追加されました)で投稿を募ることとなりましたのでお知らせするとともに,投稿にあたりご注意くださいますようお願い申し上げます.
■論文種別一覧
論文種別 概  要
原著論文 認知症ケアに関する内容で,適切な方法論に基づいて実施され,独創的かつ新しい知見が論理的に示されたもの.認知症ケアにおける先行研究についての論及が欠かせず,さらに先行研究と比較してどのような結果が得られたのかという考察が必要となる.
【追加】
研究報告
「原著論文」ほどまとまった形ではないが,新しい知見を与える有用性,実用性に富んだ研究で,学術上および技術上価値のある新しい研究成果であり,認知症ケアの発展に寄与すると認められるもの.
実践・事例報告 研究・調査あるいは業務上の成果で記録に留める価値のあるもの,あるいは1施設における新しい試み(実践)についての報告などが含まれるもの.
資  料 認知症ケアにかかわる調査等を通じて得られた結果であり,貴重で有用な資料として発表する価値のあるもの.
【追加】
短  報
独創性があり,発展性の期待できる研究を論文として取りまとめるまでには至っていないが,速やかに公表することにより,広く一般に寄与すると認められるもの.
 【一般社団法人日本認知症ケア学会】 〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル(株)ワールドプランニング内
  TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757  E-mail: d-care@nqfm.ftbb.net  (9:30〜17:30 土・日・祝日を除く)
当ホームページは、住友生命創立75周年記念「痴呆ケア分野への支援事業」により誕生しました。