日本認知症ケア学会ホームページ  The Japanese Society for Dementia Care

トップページ > 発行雑誌 > 認知症ケア事例ジャーナル >  投稿規定・執筆要項
投稿規定・執筆要項:事例報告
■投稿規定
  1. 本誌は,認知症ケアに関する事例報告で,他誌に未発表のものを掲載するものとします.
  2. 投稿いただく事例は,適切な分析・考察がなされていれば成功事例でなくても構いません.
  3. 投稿者(筆頭著者)は,日本認知症ケア学会会員または,認知症ケア専門士に限ります.
  4. 原稿の採否および掲載の順序は編集委員会において決定いたします.
  5. 投稿にあたっては,次の点にご注意ください.
    • 原稿はワープロまたはパソコンにてご執筆ください.その場合,A4の用紙を使用し,40字×30行(2,400〜12,000字/刷上り2〜9頁),天地左右の余白を35ミリとして印字してください.
    • コピーを3部添付してください(計4部).その他にお手元に必ずコピー1部を保管してください.また,原稿には必ずデータ(MicrosoftOffice Wordファイル形式あるいはテキストスタイルに変換されたもの)を添付してください.
    • 投稿用紙に共著者全員が署名・捺印のうえ同封してください.投稿用紙は,本誌備付けの用紙をA4判に拡大コピー(117%)して使用するか,学会ホームページ(http://www.chihoucare.org)よりダウンロード,あるいは切手を貼った返信用封筒を同封のうえ,書面にて編集委員会までご請求ください.
  6. 執筆要項に定められた刷上り頁数を超過した場合には,刷上り1頁につき,15,000円の頁超過料金をお支払いいただきます.
  7. お送りいただいた原稿は原則として返却できませんのでご承知ください.ただし,不採用の場合はこの限りではありません.
  8. 著者による校正は初校のみといたします.
  9. 本誌に掲載された論文の著作権は,日本認知症ケア学会に帰属します.ただし,著者自身が使用する場合はこの限りではありません.
  10. 倫理的問題に関し,以下の点にご注意ください.
    • 文献やデータならびに設問など資料引用・出典の明示
    • 差別用語等倫理的問題となりそうな用語
    • 調査対象者への研究趣旨説明や協力同意の取り付けの有無
  11. 投稿者の希望により,投稿者氏名・所属先名称を伏せさせていただくことが可能です.また,編集委員会の判断により,投稿者氏名・所属先名称を伏せさせていただくこともございます.
  12. 掲載論文については,掲載誌1部を進呈いたします.別刷りをご希望の場合は,50部単位で実費作製いたします.校正の際にお申し込みください.
 
■執筆要項
  1. 原稿の枚数は,図表,写真,文献,和文抄録を含めて,2,400〜12,000字(A4,40字×30行×10枚/刷上がり2〜9頁)を原則とします.
  2. 原稿の体裁は
    • 1枚目に,(1)表題,(2)著者名(連名の場合は全員),(3)本誌に掲載する所属,(4)本誌に掲載する住所:原稿枚数には含まれません.
    • 2枚目に,無記名で,(5)和文表題,(6)和文抄録,(7)和文キーワード,(8)職種.
    • 3枚目に,(9)本文,(10)引用文献,(11)図,表,写真とします.
  3. 和文抄録は200字以内,キーワードは5語以内とします.*事例の形式を統一させるために,基本的には以下の事項を含めて本文をご記述ください.
    1. 事例報告をするにあたって対象者への承諾(倫理的配慮)の有無
    2. 解決しようとした課題とその状況
    3. ケアを行っている場所
    4. 報告者との関係など
    5. 事例紹介(以下の項目はあくまでもご参考としてください)
      • (1)年齢,(2)性別,(3)身長・体重,(4)要介護度,(5)家族構成,(6)認知症の程度,(7)日常生活動作能力,(8)入所(に至るまで)の経緯,(9)生活歴,(10)性格(心理的特徴),(11)入所日,(12)既往歴,(13)現病歴,(14)服薬,(15)生活環境,(16)今までのケアプラン,など
    6. 現状分析(アセスメント)
    7. 活動内容など
    8. 考察(評価)
  4. 原稿枚数を計算する際,図表は,便宜上,一律,1点を900字と換算してください.
  5. 原稿は,新かなづかい,常用漢字にてお書きください.
  6. 外国の地名・人名・物件名などは,原語のまま用いることを原則としますが,日本語化しているものについてはカタカナで表記してください.
  7. 専門用語はできる限り日本語表記とし,初出箇所にカッコでその欧文を記入してください.略語を使用する際は,初出箇所に正式名を記載し,カッコ内にその略語を挿入してください.
  8. 度量衡の単位は,国際単位系に準拠してください.
  9. 脚注は原則として認めません.
  10. 文献の記載は引用文献のみとし,日本語,外国語を問わず引用順に番号をつけて記載してください.また,本文中の引用箇所に肩番号を付してください.
  11. 文献の表記については,次のとおり記述してください.
    • 雑誌の表記にあたっては以下のとおりとしますが,通巻頁を用いている雑誌では号数の記載は必須ではありません.著者名(4名以上の場合は3名まで記載し,その他は“ほか”あるいは“et al.”とする):表題.雑誌名,巻(号):頁-頁(発行西暦年).雑誌名は,正式名を記入してください. 
      (例1)日本太郎:在宅認知症性老人のケア.日本認知症ケア学会誌,1(2):25-32(1992).  
      (例2)Nihon T, Tokyo J, Minato S, et al.:The measurement of life satisfaction. Journal of Japanese Society for Dementia Care 1(1):12-20(2002).
    • 単行本の場合
      • 1. 著者名:書名.版数,発行所,発行地(発行西暦年) 
        (例1)日本太郎:老人の睡眠と健康.第2版,15-26,ワールドプランニング,東京(1992)
      • 2. 著者名:論文名.(編者名)シリーズ・叢書名 巻数;各巻書名,頁-頁,発行所,発行地 
    • 電子メディア情報の場合
      • 著者名(公表年または最新の更新年)「当該情報のタイトル」(URL,アクセス年月日)
      • (例)厚生労働省(2002)「サービス供給における契約について」
      • (http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syakai/sienhi/jimu05.html,2002.5.12)
      • 図(写真),表は説明を付け,挿入箇所を原稿に指示してください.図表タイトルおよび説明等は,以下の順としてください.
      • 1. 図の場合
      • 図版の下に,図の注,図の説明,出典,その下に図タイトル
      • 2. 表の場合
      • 表タイトルの下に,表本体,表の注,説明,出典
  12. 白黒写真は,手札サイズ(8×10cm)以上の紙焼きとしてください.
  13. 写真に文字,矢印などを記入する際には,トレーシングペーパーをかけた上から明記してください.
  14. 原色刷りを希望される場合には,カラースライドをお送りください.ただしカラー製版・印刷代は投稿者の実費負担となります.
  15. 投稿事例の査読は,著者名等をブラインドにして行っています.文献等の表記の際には,本人の著であっても,「筆者」「拙著」等とせず,著者名で表記してください.
  16. 掲載にあたっては本誌編集方針に則って,漢字・平仮名表記の別など,多少の原稿整理をいたします.
↑ページ上部へ
 【日本認知症ケア学会事務センター】 〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル(株)ワールドプランニング内
  TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757  E-mail: d-care@nqfm.ftbb.net  (9:30〜17:30 土・日・祝日を除く)
当ホームページは、住友生命創立75周年記念「痴呆ケア分野への支援事業」により誕生しました。