日本認知症ケア学会ホームページ  The Japanese Society for Dementia Care
地域部会

大会長あいさつ
2025年に向けて地域包括ケアシステムの整備が進められている中、2018年度は介護保険制度、診療報酬制度の同時改定が行われました。その中では、さらに「施設から在宅へ」という流れを充実させるための内容が含まれています。遠隔医療の拡大や在宅診療の充実、認知症治療への報酬を手厚く、と医療と介護の連携・充実が盛り込まれる中、そこには家族の存在も欠かせません。新オレンジプランでも家族支援が柱の一つであり、認知症初期集中支援チームが各市町村単位でも動き出し、認知症カフェも各地で展開されるようになりました。認知症ケアにおいては、本人はもとより第2の患者ともいわれる家族への支援をどのように行っていけるかという視点がますます重要になってきたと言えます。今年度は「認知症ケアと家族支援」をテーマとして大会を開催することとなりました。日々認知症ケアに関わられている皆さまが家族支援の視点も持ちながら、安心して暮らせる地域づくりに関わっていただけることを願い、今大会を研究と実践報告、そして明日からの実践の糧となるよう活用して頂けたらと思っております。
2018年度北海道地域大会
大会長 黒澤 直子
開催概要
会 期 2018年9月30日(日)
会 場 北星学園大学(〒004-8631北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1 )
大会長 黒澤 直子(北翔大学)
テーマ 認知症ケアと家族支援
定 員

600名 *定員を超えた場合,参加を制限することがございます.

参加証発送 2018年9月中旬 投函予定
専門士単位 7単位/領域 I (発表 +3単位)



一般社団法人日本認知症ケア学会
〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル(株)ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757 
E-mail: d-care@nqfm.ftbb.net (9:30~17:30 土・日・祝日を除く)

Copyright 2018 一般社団法人日本認知症ケア学会  掲載内容の無断転載を禁じます