日本認知症ケア学会ホームページ  The Japanese Society for Dementia Care

トップページ > 学会案内 > 学会概要
日本認知症ケア学会理事長就任あいさつ
 
 
この度私は、6月3日の学会代議員会で、本間 昭前理事長の後任理事長として拝命いたしました。会員数約27,000人の本学会の活動における社会的責務は大変大きいと、実感しております。
本学会の目的は、認知症高齢者のケアに関する学際的な研究の推進、ケア技術の教育、社会啓発活動等を通じて、質の高いケアを実現し、認知症高齢者および介護者等の生活の質を高め、豊かな高齢社会の創造に資することです。これらを具現化するためには、これまでの本間 昭前理事長を中心に築き上げた学会活動を踏襲しながら、さらなる発展のための改革を進めてまいります。
そのために、学会活動の中核に「学会企画」「雑誌編集・テキスト開発」「認知症ケア専門士関連」「地域部会・認知症ケア専門士会支援」「社会活動」「国際活動」の6部門を置き、各部門に所属する委員会の活動を理事長、副理事長それに各部門長から構成する総務担当会議で協議し、理事会と代議委員会の承認を得て活動してまいります。
具体的には、認知症ケアの質向上に向けた取り組みや学会の社会貢献の在り方を議論していきますが、国家戦略として位置づけられている新オレンジプラン目標達成のために、学会の役割を明確にしていきます。またIFDC(International Federation of Dementia Care)の活動を通してアジア各国の認知症ケアの質の向上に努めます。その他、大規模災害時支援のあり方、地域認知症ケア活動、家族会などの支援を積極的に行います。
これらの活動を通し、我が国の認知症ケアの質向上に努めたいと思います。是非ともご支援いただきたくお願い申し上げます。
 
一般社団法人日本認知症ケア学会
理事長  今井 幸充
 
 
 
学会概要
 
設立2000年6月
理事長今井 幸充(医療法人社団翠会 和光病院)
会員数27,393名(2016年6月現在)
年会費正会員:5,000円 , 施設・団体会員:30,000円 , 賛助会員:100,000円
 
 
 【一般社団法人日本認知症ケア学会】 〒162-0825東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル(株)ワールドプランニング内
  TEL:03-5206-7431 FAX:03-5206-7757  E-mail: d-care@nqfm.ftbb.net  (9:30〜17:30 土・日・祝日を除く)
当ホームページは、住友生命創立75周年記念「痴呆ケア分野への支援事業」により誕生しました。