認知症ケア事例ジャーナル Netカンファレンス
 
 こちらは認知症に関するテーマを基に,地域・年代・職種に関係なくおのおのの意見を述べていただく場です. 1つのテーマを基にさまざまな視点,立場からの意見および取り組みを知ることを目的としています. 日本認知症ケア学会会員,認知症ケア専門士にかかわらずお気軽にご意見をお寄せください.

 なお,本サイトにいただきましたご意見は日本認知症ケア学会機関誌「認知症ケア事例ジャーナル」へ掲載させていただく場合がございます.予めご了承ください.

<注意事項>
こちらはテーマに対するご意見を述べる場所となります.テーマに関係ない内容および宣伝等はご遠慮ください.
特定の人物の名前を挙げての誹謗・中傷,投稿者同士の批判その他管理者が掲載に不適当と判断した場合,
削除対象となりますのでご注意ください.

今月のテーマ

以下は,グループホームに勤務するスタッフ(福祉士)からの相談です.

私が勤務するグループホームでは,現在,ターミナルケアを行う方向で話が進められています.対象となるAさんは意思を明確に示すことができず,家族からは「ここでの生活が長いから,できれば最期までここでお願いしたい」という意向が示されているのみです.その意向も踏まえ,スタッフミーティングを幾度か開き議論しています.「Aさんは,長くここにいるから,できれば看取りまでケアをしたい」「なじみの関係,なじみの環境のなかで最期を迎えるほうがAさんは幸せ」という意見が多数を占めています.しかし,私個人としては他のスタッフの気持ちも理解はできますが,福祉士などの介護職員しかいない状況で,なにかあった場合やなにか大事なことを分からずに見逃してそのままにしてしまったらどうしよう……など,正直怖いという思いが強いです.そもそも,福祉士などの介護職しかいないグループホームでどこまでできるのでしょうか.また,Aさんとは1人の人間として接していると同時に,福祉士という専門職としても接しているため……そのあたりも整理がつかなくなっています.
みなさまからのアドバイス,よろしくお願いします.

 投 稿 欄 各項目は必ずご記入ください.

 ■性別   男性   女性 
 ■家族の介護経験 現在行っている 以前行っていた 経験なし
 年代       ■職種    
 都道府県    勤務先種類  

 コメント 入力時に改行された位置で改行されます.また,タグは使えません.
 


 

        ※投稿を削除したい場合はお手数ですが 管理者  までご連絡ください.

新しい記事から表示します.1度に20件の書き込みを表示します.
投稿:女性 40代  介護支援専門員 京都府 特別養護老人ホーム 家族介護経験なし 投稿日: 2019/09/12 15:45:30

ケアマネ兼務で介護福祉士としても現場で働いています。ターミナルケアと看取りケアは違うものです。最期は医療を介さないのであれば看取りケアかと。うちの施設でも看取りケア行なっております。特養なのでナースはいますが、19時以降は不在、何かあればオンコール体制です。看取り介護加算が取れるので、看取りを行う施設が増えています。また、ニーズも非常に高いです。看取りケアを行うにあたり、関わる介護職員等は、最期が近づくとどう変化するのか、いわゆる身体変化や呼吸の事など学び理解しておく必要かあります。もちろん看取りを行っていなくても、理解しておく必要はあります。医療、ご家族、栄養管理士などチームケアを行うための連携は必要不可欠です。他職種に繋ぐためにという点からも、身体変化、呼吸、安楽のための対応などは理解しておきましょう。そして、普段のケアと看取りケアは視点自体が変わります。その辺りも学び理解が深まると、看取りケアに不安を感じないと思います。とても尊いケアで、学びの深いケアです。専門職として1人の人間として、多くの気づきを得られる事と思います。あなたの勤務先が今後看取りケアを行うなら、しっかりと全員で学び理解を深めてください。ご入居者はどういう最期を迎えたいのか、そこをどう支えるか、です。お互い頑張りましょう。



以上は,新着順1番目から 1番目までの記事です.

 


この掲示板に関するお問い合せ,または投稿の削除のご依頼などは,管理者 までお寄せください.
なお,お問い合せをいただいた場合や投稿の削除のご依頼をいただいた場合に,すぐには対応できないこともありますので,あらかじめご了承ください.